自費出版500部

リトルプレスの楽しみ

 地元の有力者の著書が500部入荷との連絡。
 とても捌き切れないと真っ暗になっていたが、著者が全部当店から定価で買い取るとの事。
 世話になった人々へ「寄贈」するらしい。


 店頭での販売はそれほど見込めないとの理解が著者には備わっていたらしい。
 しかし、こういう「理解のある人」の今回の著書は前評判も良くて「寄贈」分とは別に、「買いたい」との注文が発売前から当店に続々と舞い込む。
 あわてて追加発注する。
 
 「出来が違う」のかもしれない。