「報道2001」東京とソウルを中継で結び両国の国会議員が討論 

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/2001/ 

6月19日(日)の「報道2001」では、日韓国交正常化40周年の日韓友情年を記念し、韓国文化放送MBC)の討論番組「100分討論」との共同企画を実現。
東京とソウルを中継で結び、両国の国会議員が討論するテレビ初の試みの模様を放送する。
テーマは小泉首相靖国参拝問題、竹島、教科書など歴史認識の問題、北朝鮮の核・ミサイル問題など。
20日の日韓首脳会談を前に両国間に横たわっている溝をどう埋めていくべきか、徹底討論する。
出演は日本側が自民党河野太郎氏、山本一太氏、舛添要一氏、民主党前原誠司氏。韓国側は、与党のウリ党・金富謙氏、野党のハンナラ党・朴振氏、新千年民主党・李承姫氏、民主労働党・魯会燦氏。

 番宣通り画期的な内容。今までどうして無かったんだ。

 韓国側出演者の理路整然とした発言には感動。竹村健一氏も評価していた。
 それに引き比べ日本側はすこし精彩を欠いた。準備の差を感じる。韓国主導の感じ。

 思うに同時通訳の出来にも拠ると思う。韓国にはどのような同時通訳が流れていたのだろう。

 
 複雑で個人主義が進んだ現代社会のあらゆる場面で仲介(intermediation)の役割はますます重要になりつつある。

 読者と出版を繋ぐわかりやすい仲介者としての書店員になりたい。

図解 斎藤一人さんに教わった「強運をよぶ本屋さん」の成功法則実践ノート (East Press Business)